お問い合わせ

密着ドキュメント スマイルの製作工程

縫製機器

超短納期を支える縫製機器
スマイルがお客様に商品を届ける前の、最終工程となる縫製現場には、スクリーン印刷やインクジェット印刷ののぼりや、昇華転写印刷でプリントしたアニメ・ゲーム作品のキャラクタータペストリーなど、すべての印刷物が集まってきます。そのため、次々とやってくる生地を素早く縫えるように、さまざまな縫製機器があります。
縫製現場は、印刷現場が生地にプリントしたのぼりやタペストリーなどを、お客様が室内や屋外に飾るための棒を取り付けられるようにします。のぼりであれば、チチテープを取り付けるものと棒袋を縫うものがあります。
チチテープの取り付けでは、スマイルが業者に依頼して開発し、日本で初めて導入した「五頭機」が活躍します。その名の通り、のぼりに5カ所同時にチチテープを縫える機械です。
棒袋を縫うタイプには、棒袋縫製用の特殊な「ミシン」をそなえています。
縫いあがったのぼりをきれいに折りたたむために「のぼり旗専用自動タタミ機」も導入しています。
縫製現場の熟練のスタッフたちが、縫製機器を駆使しながら、超短納期を実現しているのです。
スマイルの縫製機器について、詳しくお知りになりたい方はこちらからどうぞ。

  • 五頭機
  • ミシン
  • のぼり旗専用自動タタミ機